トリキュラーで生理痛が良くなる女性

生理といえば生理痛がよくセットで語られます。生理痛は、人それぞれなので中々共感出来るものでもありません。生理痛が重い方にはもちろん、軽い方にもトリキュラーをおすすめします。

トリキュラーで生理は早められる

結婚式や海外旅行、海のリゾートに遊びに行くなどイベントと生理のタイミングが重なってしまうと楽しむこともできなくなってしまいます。そんな時にはトリキュラーを飲むことで生理のタイミングを早めることができます。
女性の生理周期は健康的な女性の場合には25日~38日周期で訪れると言われています。生理周期は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲストロンの分泌量の変化によって引き起こされるのですが、トリキュラーを飲むと21日分のホルモンが配合された実薬と7日分のホルモンの配合されていない偽薬(もしくは、何も飲まない)の合計28日周期で2種類の女性ホルモンの体内の濃度をコントロールしていきます。生理のタイミングを早めたい場合には通常のトリキュラーの飲み方を変えることで対応することが可能になります。
休薬期間に入って2~3日目に生理が来る人の場合には本来なら7日間の休薬期間のところを、消退出血が来たら次のシートを飲み始めるようにすることで、早く飲み始めた日にちの分だけ生理のタイミングを早めることができます。1週間以上早めたい場合には、トリキュラーの1~7錠目もしくは15~21錠目を早めたい生理の日数だけ飲み飛ばすようにします。これは、どちらが正解というものでもなく、医師の指導でも意見が分かれるところです。トリキュラーはホルモンの配合量が3段階に分かれていて、後半に行くにつれてホルモンの配合量が増えています。12~21錠目までがホルモンの量が多くなっているため、1~7錠目を飲み飛ばすといきなり体内のホルモン濃度が上がってしまうため副作用が起こりやすくなります。逆に15~21錠目を飲み飛ばすと体内のホルモンの濃度が低めになるため不正出血が起こりやすくなりますが、副作用は起こりにくくなります。