トリキュラーで生理痛が良くなる女性

生理といえば生理痛がよくセットで語られます。生理痛は、人それぞれなので中々共感出来るものでもありません。生理痛が重い方にはもちろん、軽い方にもトリキュラーをおすすめします。

プロゲステロンのトリキュラーはがん予防効果ある?

トリキュラーは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンが含まれた低用量ピルです。

日本で最もポピュラーなピルであり、女性ホルモンを一時的に増加させて妊娠に近い状態を作ることで体に妊娠したと勘違いさせることによって妊娠を回避していく効果があります。

間違うことなく毎日規則正しく服用していれば、100%避妊効果を得ることが可能です。

トリキュラーには、薬効成分が21日間入った錠剤のシートがありますが、生理期間の7日間分は自分で飲むのを中止して8日目にまた服用を再開して飲んでいきますが、初めてピルを飲む場合にはの見間違ったりすることもあるので不安という人もいることだと思われます。

その場合、飲み忘れを防ぐために生理期間の7日間分は薬効成分の含まれていないプラシーボ錠が含まれたトリキュラー28があり、ピル初心者におすすめです。

また、トリキュラーは避妊効果だけでなく子宮内膜症やPMS、月経困難症や更年期障害などの女性特有の体の不調にも有効だとされています。

加えて、子宮を休ませる効果や排卵を止める作用があるので、毎月排卵が起こることで卵巣が卵子によって破壊されてそれを修復するという作業が行われなくなるため、子宮体がんや卵巣がんなどの発生リスクも軽減するとされています。

一昔前のピルは、吐き気や嘔吐、腹痛などの副作用が多いものでしたがトリキュラーを始めとする最近のピルは副作用が起こることも非常に少なくなっているので、絶対に出ないというわけではありませんが体への負担を気にすることなく服用することができるのです。

避妊効果や体の不調改善、あるいはがん予防のためにもトリキュラーを服用を考えてみてはいかがでしょうか。