トリキュラーで生理痛が良くなる女性

生理といえば生理痛がよくセットで語られます。生理痛は、人それぞれなので中々共感出来るものでもありません。生理痛が重い方にはもちろん、軽い方にもトリキュラーをおすすめします。

トリキュラーをやめても不妊なら基礎体温法とAID

避妊の方法というのはいくつかあり、基礎体温法を用いるという人もいるかもしれませんが、これは妊娠しても構わないという人が使う程度にとどめておき本当に妊娠しては困る人にとって不向きな方法となります。
確実性が極めて低く、女性はちょっとしたことで排卵の周期が変わることもあるので絶対に妊娠をしては行けない人が用いるような方法ではありません。

いつ妊娠しても構わない夫婦などが妊娠をするには早過ぎるけど、できたらできたで構わないという気持ちで用いるのであれば多少なりとも妊娠の可能性を低くすることができるので意味が無いわけではありませんが、そうでないのであれば避けるべき方法となっています。

それでは安全性の高い方法としてはどのようなものがあるかというと、トリキュラーのような経口避妊薬を服用するのが簡単にできて確率が高い方法となります。
妊娠をしたいと思った時には服用を止めれば妊娠をすることができるようになるのですが、その場合であっても男性側が不妊の原因となっている場合には当然妊娠をすることができません。
相手の精子に問題があれば基礎体温法を用いて、今度は妊娠しやすい時期を狙って性行為をしても意味が無いためです。

そのような場合にはAIDによる、妊娠が考えられます。
これは非配偶者間人工授精と呼ばれるものであり、精子を提供してくれるドナーの精液を使って人工授精をする方法となります。
当然血のつながりがありませんから、簡単に選択をすることができませんがどうしても妊娠をしたいという場合などには最終的な手段として検討をするのも良いでしょう。
このように妊娠をするための方法として、必ずしも配偶者が相手でなければならないということはないのです。